サルコジ劣勢と言われるフランス大統領の決戦投票が始まりました。
ユーロ圏の債務問題はまだまだ続きますが、それでもメルコジと揶揄されながらもドイツのメルケル首相と協力して対応に奔走してきたサルコジ大統領はその任期を終えることになりそうです。

ユーロ圏債務問題改善の為の「財政協定」を見直す考えを示すオランド氏が大統領に就任すれば、メルケル首相との独仏協力体制も崩れ、それでなくてもバラバラのユーロが少しでも協力体制を組んで債務危機にあたろうとしていた勢いは削がれてしまうのでしょうか。

ユーロの売り材料には事欠かない状況になりそうです・・・

Ads by Google