政治・経済・ブログパーツ

日々の政治や経済ニュースを気にしながら、気になるブログパーツを紹介します。

2011年07月

進む円高、既に史上最高値を更新し続ける通貨達

とまらない円高、ついにザラ場で1ドル77円台に突入した円は、今年3月17日に早朝に記録した瞬間史上最高値76.25円に迫る勢いです。
1ドル77円台に
国内大手輸出企業が海外へ移転してしまうと、その下請け企業は死活問題と不安を募らせる会社も多いようです。
海外旅行が安くなる、と喜んでばかりはいられない状況になってきました。

Ads by Google


円高で苦しんでいるのは日本だけではありません。
対ドルで上昇し続けているのは通貨は日本円以外にもたくさんあるのです。

主要国通過で見ると、
スイスフラン、昨年末に史上初の1ドル=1スイスフランを割り込むと、どんどんスイスフラン高が進み、史上最高値更新継続中で既に1ドル=0.80スイスフラン台。
オーストラリアドル、こちらも昨年末から今年年初にかけて史上初の1豪ドル=1米ドルを超えると、オーストラリアの好景気も反映しての高値更新が続き、遂に1豪ドル=1.10ドル台へ。
これにつられるように同じくオセアニア通過のニュージーランドドルも、年内利上げ観測も後押しして上昇、変動相場制移行後の高値更新中で1NZドル=0.87ドル台へ。

アジア他新興国通貨も上昇がとまりません。
中国、人民元が1ドル6.4450元まで上昇し、2005年の人民元切り上げ以降最高値を更新。
人民元はもともと安すぎる、との評価もあったので良しとしても、
シンガポールドルも対米ドルで最高値更新、1米ドル=1.20シンガポールドル台へ。
マレーシアリンギも最高値圏で推移、
韓国ウォンも3年ぶりの高値圏、1ドル=1,050ウォン台で、既にドル買い介入実施中。
フィリピンペソも最高値圏の1ドル=42.10ペソ台で介入、
タイパーツも1ドル=29.60~29.70バーツ台で最高値更新中。
最高値更新までは行かないまでも、インドルピーも高値圏で推移。
新興国の代表、ブラジルレアルも12年ぶりの高値で介入、
...と欧米以外の通貨は軒並み対米ドル高値で自国経済死守の為に苦戦中のようです。

米債務上限引き上げ問題の混乱が続き米国債が格下げとなれば、さらなる米ドル安自国通貨高は続きます。

それとも...そもそもこれは米国の自国通貨安政策なの...?(*_*;

人気ブログランキングへ にほんブログ村 ビジネスニュース

なでしこジャパンのW杯初優勝で変わる世界のサッカー勢力図


あきらめない気持ち」あふれる快進撃で世界の頂点にまで上り詰めた女子サッカー日本代表、なでしこジャパンのイレブン、チーム関係者のみなさんには、その戦う姿とドラマチックな試合に本当に感謝です!ありがとう!
近年の女子日本代表は、目覚しいレベルアップで今大会前のFIFAランクは4位まで上昇していました。
とはいえ、女子の場合にはトップ3のアメリカ、ドイツ、ブラジルの地位が突出しており、実力的にはワンランク下と見られていた日本の躍進には世界も驚いたことでしょう。

男子では欧州と南米の2大勢力がワールドカップを独占しており、アフリカ、アジア、北米もレベルアップしているとは言えまだまだその座を脅かす存在になるまでには至りません。
女子では欧州と南米、そして北米、という3大勢力の構図でしたが、ここに日本がアジア代表として割って入った格好です。
これを維持するのもまた並大抵のことではないと思いますが、ぜひこの流れと良き伝統を受け継いでオリンピックでも、次回以降のワールドカップでも活躍し続けて欲しいものです。

なでしこが優勝を決めた頃、南米アルゼンチンで開催されているコパアメリカでは、地元アルゼンチンに続いてブラジルまでもが準々決勝で敗退しました。
南米の勢力図=ブラジルVSアルゼンチンの構図も崩壊の危機です。

Ads by Google

経済大国日本もGDPでは中国に抜かれて世界3位に転落しました。
欧州債務危機問題ではイタリアまでもが問題視され、米国債務上限問題は未だ進展がありません。
スポーツでも経済でも盛者必衰の理をあらわしているのでしょうか?

それにしても...
日本政治もそろそろ勢力図が変わるべき時と思っていたのですが、
菅総理までもが「私もやるべきことがある限り、あきらめないで頑張る」とおっしゃったそうです...
誰か「時にはあきらめることも重要」であることを教えてあげてください...

人気ブログランキングへ にほんブログ村 ビジネスニュース

米国債デフォルト、格下げ、そして金融危機の可能性?

8月2日までに米政府が連邦債務上限額を14兆3,000億ドルから引き上げできない場合、米国債の利払いや元本返済ができなくなる、つまり債務不履行、デフォルトの危機に直面しています。
ヨーロッパでもギリシャやポルトガル、アイルランドなどの財政危機が問題になっていますが、EUとしてなんとか救済する方向で進むのではないか、との見方もあります。
失礼ながら、ギリシャやアイルランドとアメリカでは随分事情が異なります。
世界で最も安全な国債が万一デフォルトになれば、その影響は間違いなく世界中に波及します。
格付け会社による格下げは当然として、米国債を保有する各国中央銀行の売却、資産価値の目減りによる米国債保有会社の経営悪化、保険会社等の支払い問題、そして金融システム危機へと...
..とりあえず株価は暴落、ドルにとっても売り圧力となり、ドル円はさらなる下落、超円高方向へ...

Ads by Google


1ヶ月程前までは、デフォルトの可能性は0に近い、とする見方が大半でしたが、
ここにきて期限間近になっても論議に進展のないホワイトハウスにしびれを切らしたかのように、警告とも取れる、S&P、ムーディーズと相次ぐ格下げ方向への見直し表明。
米国財務省は為替介入用の資金まで持ち出す非常事態に。

とりあえず関連相場の買いポジションの縮小、手仕舞も検討しておいたほうが良いかもしれません...
米国債デフォルトの可能性は...、
少なくとも、1ラウンドでアルバトロスとホールインワン達成の確率よりは高そうです...
アホウドリ
※画像は写真素材フリーの21さんのページからお借りしました。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 ビジネスニュース

米国景気と欧州債務問題で荒れ始めた為替市場

6月以降、比較的静かで値動きの少なかった為替相場がここ数日、活動を再開したかのように荒い値動きになってきました。
ドル円相場は80円から81円前後の1円程度の値幅で1ヶ月程推移していましたが、先週末の米国経済指標、雇用統計を悪材料として下落を始めたかと思うと今週に入ってからはくすぶっていた欧州の債務危機問題が表面化。ポルトガル国債の格下げやらイタリアの債務懸念、アイルランドの格下げやらでユーロの下落をきっかけにドル円も下落、13日には東日本大震災後の暴落以来4ヶ月ぶりとなる78円台に突入しました。
4ヶ月前と同じような価格帯で同じような時間帯、早朝時間帯を狙った投機筋による売り仕掛けと思われる急落でした。
ドル円日足チャート
※チャート画像は外為どっとコムさんのページからお借りしました。
すぐに79円台には戻りましたが翌14日、再び早朝に78円台へ急落、すぐに79円付近に戻すもその後じわじわと下落、またもや78円台半ばまで達した後、午後3時頃、突然79.60円まで急上昇。久々の日銀介入か?とも思われましたが、米国の銀行による買いとの噂などもあり、真相は不明です。結局また79円付近まで下げて・・・
と慌ただしい状態が続きます。
ドル円1時間足チャート
ドル円相場は米国経済の動向と欧州の債務危機問題が鍵を握っているようです。
野田財務省の介入をするのか、したか、していないか、という事実に関するコメントよりもバーナンキFRB(米連邦準備制度理事会)議長の追加緩和するかも?という可能性のコメントのほうが重要です。
ムーディーズによる米国債格下げ示唆のコメントも効いているようで、
史上最安値76.25円も視野に...との噂も聞こえてきます。
日本の国内政治が少々混乱しようが、原発問題が遅延しようが、退陣表明した菅総理が粘ろうが、円高はとまりません...

Ads by Google


人気ブログランキングへ にほんブログ村 ビジネスニュース

原発のストレステスト、EUでは6月から実施中、日本はこれから詳細...?

東日本大震災発生から2週間後の3月25日、日本政府が30キロ圏内の住民に自主避難を要請したり、原発の作業員2人がなぜか長靴を履いていなかった為に被爆したりと大騒ぎしていた頃、政府が「レベル7」と認める18日も前の時点で、地球のほぼ裏側、ヨーロッパでは福島原発の事故を重く見て同様の事故が発生しないよう、EU圏内全ての原発に対してストレステストを行うことを決定しました。

EUはこの福島原発事故から学んだこととして、
①考えられない事態が起こる
②2つの自然災害が同時に起こる
③全電源の喪失が起こる
ことを挙げています。

Ads by Google

これを踏まえて、ストレステストでは天災のみならず人災(飛行機墜落やタンカー爆発、火災やテロ)までも想定しているそうです。
そして実際に6月1日からスタートしています。
一方、当事国である日本では、というと...?
続きを読む
人気ブログランキングへ にほんブログ村 ビジネスニュース

松本龍って誰ですか?

辞任せざるを得ないとは言ってない?辞任する?言葉が荒かった?
あなたの言い訳など誰も聞かないです!
復興担当相として数日間過ごした方はそそくさと去って行きました...
あまりに異次元の言動とその非常識さには、もはや嘲笑どころか、憐れみも感じません...
日本の政治は一体どうなってしまったのでしょうか...
ま、本人が「辞任せざるを得ない」と感じたのは間違いないでしょう。
それだけが唯一の救いと思ってあげたいものです。
一縷の常識が残っていたということです。

Ads by Google

こういう空気が読めない、思いやりのない、デリカシーのかけらもない人って、以外にも自分に対する批判や非難、そんな空気だけは読めるみたいですね...
一応生物として最低限の防衛本能だけは持ち合わせている、ということでしょうか...
いつか、どこかで「チームドラゴン」を再生して、少しは人間らしく振舞えるようになって頂きたいものです...

人気ブログランキングへ にほんブログ村 ビジネスニュース
Subscribe with livedoor Reader
RSSフィード
にほんブログ村 ニュースブログ ビジネスニュースへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

記事検索
世界時計
世界時計 FXFX
政策金利

この金利表の提供はForexpros – FX ポータルサイト
経済ニュース by ロイター
blogparts by 外国為替FX@比較
本日の金プラチナ相場
カーボンオフセット
livedoor プロフィール

blogram投票ボタン
QRコード
QRコード
おさんぽネコ
セキュリーナ
  • ライブドアブログ