政治・経済・ブログパーツ

日々の政治や経済ニュースを気にしながら、気になるブログパーツを紹介します。

9.11から10年、3.11から半年、それでも軽率な大臣達

9.11アメリカ同時テロから10年が経ち、3.11東日本大震災から半年が経ちました。
SFの世界と見間違うばかりの強烈な映像で、世界を震撼させた10年前の今日、テロを身近に感じない私たち日本人は、突然のTV映像に唖然とするばかりでした。
それでも、それなりに色々と考えさせられたものです。貿易センタービル内にいた人たち、激突したハイジャック機の搭乗者、それらの家族、関係者、救助に当たる人たちのこと、この事件の裏には一体何が隠されていて、何が始まろうとしているのか?
そしてアメリカは報復という大義名分の元アフガニスタンやイラクで戦争を始め、10年後の今年5月、9.11テロの主謀者と言われるウサマ・ビンラディンを殺害しました。
10年間の戦争で米国兵数千人と現地の一般市民数万人が犠牲になったそうです。
それでもイスラムの世界と米国のわだかまりは続いているようですが、
他国から無謀と言われながらも、米国は米国で、愛国心に満ちた兵士や一般市民に支えられ、ブッシュ、オバマ政権は正義を貫き通してきました。(何が真実で何が正義かはわかりませんが...)

Ads by Google

今年の3.11、日本では東日本大震災が起こり、福島原発事故が発生し、海外からの支援、とりわけ米軍の多大な支援を受けながら復興に向けて日々刻々と全ての関係者が努力し、それを応援する日本中の人々が励まし続け、チャリティーコンサートやチャリティーマッチが頻繁に行われ、なでしこジャパン達が海外の試合で支援してくれた海外の人たちへの感謝の横断幕を掲げたり・・・

状況と形は違えど国内が一つにまとまる契機となるような出来事からちょうど10年目、半年、という節目に日本の閣僚は...
相変わらず失言で批判や辞任と、お粗末な日々が続きます...
一般庶民ですら他人事のような言動を平気で振る舞う人は極わずかではないでしょうか?
日本の政治の中心にいるはずの人達の心ない言動は、情けない限りです...



スマートフォンで世界と戦う韓国

米国調査会社によると9月1日時点の米国スマートフォン市場のOS別シェアは、GoogleのAndroidが40%で首位、2位がAppleのiOSで28%、3位にBlackBerryの19%、4位にMicrosoftのWindowsMobileの7%(WindowsPhoneは1%)、携帯電話全体に占めるスマートフォンの割合は40%、ということです。
メーカー別(7月末時点)では、Appleが1位で以下RIM(BlackBerry端末のカナダのメーカー)とHTC(台湾)が同率2位で韓国のSamsungが4位。
日本国内でもスマートフォンの出荷台数が携帯を上回ろうかという勢いで、世界中で「スマートフォン戦争」が激化してきています。
続きを読む


上昇を続ける日本円、スイスフラン、そして、金

1ドル75円台突入とまらない円高は19日夜、今年3月の東日本大震災後に記録した戦後最高値76円25銭を突破し、75円95銭に達しました。
その後はひとまず76円台に戻りましたが、今後も予断を許さない状況は続きます。
日本国内は相変わらず超円高、と大騒ぎ。
今月上旬の単独介入効果は既に帳消し状態となり、再度介入か?との見方もありますが、欧米の協力が得られないこともあり、タイミングを見計らっているような状態です。
円高是正に向けて口先介入はあるようですが、次なる策は?
続きを読む


基軸通貨ドルの行方

ドルの行方は? 結局S&Pによる米国債格付が最上級のAAAからAA+に引き下げられたことで、今後の株や為替市場の動向が懸念されています。
今月2日期限の債務上限問題クリアか?に見えましたが、シナリオ的には最後の難敵を残していたようです...
格付け会社大手3社のうち2社までが最上級AAA維持を即座に表明するも、S&Pだけは財政赤字削減計画不十分として、ある程度予想されたことではありましたが、
結果的に米国債史上初の最上級陥落、に踏み切りました。

米債務残高の予想額に誤りがあるとかで米政府がS&Pに噛み付いたようですが、S&Pはこれを認めた上で、「格下げには影響しない」ということなのだそうです。
欧州財政不安の問題もまだまだ続きますが、この週末にはG7・G20などで電話会談による意見交換、協調の確認などが行われ、当面の対応や米国債の購入・保有の継続などを確認した模様。



週明けの市場動向には要注意ですが、

もしかして、今回のS&Pによる格下げはシナリオにはなかったことかもしれません...

とすると、今後のドル円相場にも要注意かもしれません...



進む円高、既に史上最高値を更新し続ける通貨達

とまらない円高、ついにザラ場で1ドル77円台に突入した円は、今年3月17日に早朝に記録した瞬間史上最高値76.25円に迫る勢いです。
1ドル77円台に
国内大手輸出企業が海外へ移転してしまうと、その下請け企業は死活問題と不安を募らせる会社も多いようです。
海外旅行が安くなる、と喜んでばかりはいられない状況になってきました。

Ads by Google


円高で苦しんでいるのは日本だけではありません。
対ドルで上昇し続けているのは通貨は日本円以外にもたくさんあるのです。

主要国通過で見ると、
スイスフラン、昨年末に史上初の1ドル=1スイスフランを割り込むと、どんどんスイスフラン高が進み、史上最高値更新継続中で既に1ドル=0.80スイスフラン台。
オーストラリアドル、こちらも昨年末から今年年初にかけて史上初の1豪ドル=1米ドルを超えると、オーストラリアの好景気も反映しての高値更新が続き、遂に1豪ドル=1.10ドル台へ。
これにつられるように同じくオセアニア通過のニュージーランドドルも、年内利上げ観測も後押しして上昇、変動相場制移行後の高値更新中で1NZドル=0.87ドル台へ。

アジア他新興国通貨も上昇がとまりません。
中国、人民元が1ドル6.4450元まで上昇し、2005年の人民元切り上げ以降最高値を更新。
人民元はもともと安すぎる、との評価もあったので良しとしても、
シンガポールドルも対米ドルで最高値更新、1米ドル=1.20シンガポールドル台へ。
マレーシアリンギも最高値圏で推移、
韓国ウォンも3年ぶりの高値圏、1ドル=1,050ウォン台で、既にドル買い介入実施中。
フィリピンペソも最高値圏の1ドル=42.10ペソ台で介入、
タイパーツも1ドル=29.60~29.70バーツ台で最高値更新中。
最高値更新までは行かないまでも、インドルピーも高値圏で推移。
新興国の代表、ブラジルレアルも12年ぶりの高値で介入、
...と欧米以外の通貨は軒並み対米ドル高値で自国経済死守の為に苦戦中のようです。

米債務上限引き上げ問題の混乱が続き米国債が格下げとなれば、さらなる米ドル安自国通貨高は続きます。

それとも...そもそもこれは米国の自国通貨安政策なの...?(*_*;



Subscribe with livedoor Reader
RSSフィード
にほんブログ村 ニュースブログ ビジネスニュースへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

記事検索
世界時計
世界時計 FXFX
政策金利

この金利表の提供はForexpros – FX ポータルサイト
経済ニュース by ロイター
blogparts by 外国為替FX@比較
本日の金プラチナ相場
カーボンオフセット
livedoor プロフィール

blogram投票ボタン
QRコード
QRコード
おさんぽネコ
セキュリーナ
  • ライブドアブログ